栄養医学とは

今日の私の体は、昨日までに私が食べたものでできている。
これが栄養医学の考え方です。

栄養医学(オーソモレキュラー栄養医学)では、私たちの体を37兆個の細胞と考えます。細胞の元気を維持するために不可欠なのが「栄養」です。不足する栄養を食事改善などの方法により補い、全身の細胞を活性化することで、悩み改善や健康維持を目指します。
海外では、1960年代から治療に応用されはじめ、今では日本でも全国約3,600医療機関で治療に取り入れられています。診療科目は、内科、皮膚科、心療内科、形成外科、婦人科、小児科、耳鼻科など、あらゆる分野に及びます。
トーマス・エジソン
トーマス・エジソン
トーマス・エジソン(1847-1931)のこの言葉は、現代の医療を予言していると言っても過言ではありません。従来の医療の考え方は、病気や不調になってから投薬で対応するというものでした。 今、日本の医療現場において、これまでの投薬中心の枠組みにとらわれず(もしくは、それらといっしょに)栄養を積極的に使う医師が、飛躍的に増えています。 栄養をすべての医療の基盤にすえるこの考え方こそが、「オーソモレキュラー栄養医学」の基本です。

医療機関専用サプリメントとは?

知っていましたか?
「医療機関専用サプリメント」

病院・クリニックなどの店頭で、サプリメントが並んでいるのを見かけたことがありませんか?
全国3,600以上の医療機関で取り扱いのある私たちの製品かもしれません。患者さんの体質や悩みに応じて、最適なサプリメントを選択いただきたい。それが、私たちの願いです。栄養療法を行うクリニックでは、医師による栄養診断や、血液検査による栄養解析なども行っており、私たちMSSもそのサポートをしています。

MSSの歩みは、栄養医学の歩み。

私たちMSSは、「医療機関専用サプリメント市場」で、国内シェアNO.1のサプリメントメーカーです。創業以来約20年間、医師と連携しながら栄養医学研究を行い、その最前線で培った知見を生かして、医療機関のみで提供されるサプリメントづくりに励んできました。

患者さんの悩みの数だけ、
必要な栄養素がある

患者さんの悩みはさまざまで、診療科目もそれぞれ。私たちは、その一人ひとりの患者さんと医師の「期待」と「信頼」に応えるべく、ひたむきにあらゆる栄養素の研究と製品づくりに打ち込んできました。そして、「より多くの方の悩みに応えたい」という想いで、オーソサプリProを開発しました。

トップへ
戻る