サプリメントの品質

きっと毎日飲むのがたのしみになる。
「たしかな品質」をお約束します。

私たちにとって「サプリメントの品質」の定義。
それは、パッケージに記載している「成分」「量」が、記載している「賞味期限」までしっかりと入っているということ。
あたりまえのことですが、お客さまの体が求める栄養素を、質のよい成分で、十分な量で、正確な期限でお届けするために、これがすべてのスタートであると、私たちは確信しています。
品質に関わるすべてを、私たちは「MSS PROMISE」として、お約束いたします。
品質管理

5つのステップで品質にこだわっています。

  • 1成分の配合
    成分の配合

    「成分配合」を考え抜いています。

    私たちには、医療機関専用のサプリメントを開発してきたノウハウがあります。「誰にでも飲んでいただけるMSS唯一の市販サプリメント」として栄養素の配合を医療用サプリメントと同じ開発チームが徹底的に考え抜きました。

    1

    「吸収されやすい工夫」を

    成分には、組み合わせるとお互いに吸収を助ける「仲の良い成分」が存在します。また特殊な加工を加えることで、吸収率を高めています。

    たとえば
    • 鉄 × ミネラル
      現代人に不足しがちな「鉄」。単体では吸収されにくいので、ともに働く「銅」「亜鉛」などのミネラルを配合しています。
    • 脂溶性 × ミセル加工
      吸収されにくい油成分には、ミセル加工という吸収をサポートするひと手間をかけました。胃腸の弱い方、ご高齢の方にも安心です。
    • タンパク質 × 消化酵素
      お肉を食べるともたれやすいなど、現代人の腸内環境を考え、タンパク質の消化効率をサポートする酵素を配合しました。
    詳しく見る

    2

    「仲の悪い成分」にも配慮

    成分には、混合するとお互いに反応して劣化してしまう「犬猿の仲」も存在します。
    私たちは、成分同士の相性を完全に把握し、仲の悪い成分を組み合わせる場合は、
    事前に手間をかけて加工を施すことで、反応作用を最小限に抑えます。
    「ビタミンC」と「パントテン酸」
    「パントテン酸」はコーティングしたものを使用。「ビタミンC」との相互反応を防止し、個別の働きをサポートします。
    詳しく見る

    3

    「あなた思い」の配合

    あなたが、どんなストレスを抱え、どんな食生活を送っているかを、丁寧に思い描くこと。
    それがいつだって「開発の原点」と、私たちは考えます。 ストレスで栄養素の消耗も激しくなりがちな現代だからこそ、「あなたに寄り添うサプリメント」として、本当に必要な成分を、必要な量で届けたいのです。
    詳しく見る
  • 2原材料の選択
    原材料の選択

    「原材料」にも妥協はゼロです。

    原材料の良し悪しで、サプリメントの品質は大きく分かれるものです。
    私たちは、サプリメントのプロとして、あなたの立場に立って、安心でとっておきの素材を選んでいます。

    1

    「食べ物に近い形」で、効率を考えます。

    人間には、体を良い状態に保とうとする「生体恒常性」という機能が備わっています。
    私たちはこの機能を取り戻すことを理想と考え、「体本来の栄養摂取方法に近いサプリメント」を目指して、原材料に人一倍こだわっています。
    マルチオイルωR
    いま注目のDHA・EPAなどのオメガ3系脂肪酸は、単体で摂るよりも、オメガ3・6・9を合わせて摂ることがよい成分です。
    私たちは「自然由来の原料」にこだわり、「本来人間に必要な割合」で配合しています。
    詳しく見る

    2

    「世界の最先端」も、国内でいち早く。

    サプリメント分野の研究は日々進化します。
    私たちは、米国・欧州・アジアの著名な食品原材料・素材展示会はもちろん、先進気鋭の医学会にも参加。多くの議論と検証を重ねた上で、安全・高性能な原材料のみ採用しています。
    Vitafoods Europe 2019(in Geneva, Switzerland) Vitafoods Europe 2019
    (in Geneva, Switzerland)
    海外で評価の高かった「乳酸菌ミネラル」を、国内でいち早く採用しました。
    酵母が苦手な方でも安心な、胃腸にやさしい原材料です。
    海外で評価の高かった「乳酸菌ミネラル」を、国内でいち早く採用しました。
    詳しく見る

    3

    「少ない量で多く働く」ための原材料選び。

    どんなに必要な栄養素とわかっていても、たくさんの量を飲むのは大変なことです。
    同じ成分でも、単位当たりの成分濃度が高い原材料、低い原材料が存在します。
    私たちは少量で飲みやすく成分量の多いサプリメントを叶えるため、
    できる限り、単位当たりの成分濃度が高い原材料(高力価の原材料)を選んでいます。
    詳しく見る

    4

    他社よりも厳しく「原材料を検査」します。

    パッケージに同じ成分名が書かれたサプリメントでも、原材料の良し悪しで品質には差がでます。
    しかし、原材料の質の差は、消費者には見分けがつきにくいものです。 だからこそ、私たちは責任をもって、誰よりも厳しい目で原材料メーカーを評価します。
    製造管理体制、安全性、エビデンスデータはもちろんのこと、製造工程の開示から、分析試験と成分効果検証の実施まで細かくチェックします。
    詳しく見る
  • 3製造方法
    製造方法

    「製造方法」にも工夫をつめこみます。

    製造はすべて、安心安全な国内のGMPもしくはFSC22000認証工場で行っています。
    一つひとつの成分を最もよく働かせる製造方法を追い求めて、常にあたらしい製造方法にもチャレンジし続けています。

    1

    「溶けるタイミング」を、緻密に計算します。

    「胃で溶け出す成分」と「胃を通過して腸で溶け出す成分」を緻密に計算する必要があります。
    私たちは、商品ごとに最適なコーティングを施すことで、崩壊性をコントロールしています。
    「溶けるタイミング」を、緻密に計算します。
    他社のサプリメントには、賦形剤を多く含むものもあります。
    賦形剤は、粒の形や、サプリメントに含まれる成分の濃度を保つための添加物です。オーソサプリProのタブレットは、賦形剤を最小限に抑えたうえで、狙いどおりのタイミングで崩壊するように作られています。
    詳しく見る

    2

    「飲みやすく続けやすい」を叶えるために。

    いくら優れた栄養成分でも、継続して飲むことができない限り意味がありません。
    喉にひっかかりにくい「タブレット」や、砂糖・合成甘味料を使ってないのにおいしい「粉末・顆粒」など、
    毎日たのしみに飲み続けられる形に仕上げています。
    詳しく見る
  • 4製品の形状
    製品の形状

    「製品の形」にも理由があります。

    栄養素はとってもデリケートです。
    大切な成分が壊れにくいように、そして飲みやすく、吸収もされやすいように、それぞれベストな形を検証してつくりました。

    • ソフトジェル
      ソフトジェル
      油成分を最も吸収効率よく摂ることができる形状です。
      DHAやEPAなどの酸化されやすい成分を保護するにも有効です。
    • カプセル
      カプセル
      カプセルには、余分な添加剤が不要というメリットがあります。
      サプリメントに最も適した形状です。
    • タブレット
      タブレット
      小さくできるものは、できる限り小さくしたいから。
      単位あたりの成分濃度が高い成分(高力価の成分)は、タブレット形状にしました。
    • 顆粒・粉末
      顆粒・粉末
      摂取量が多い栄養素は、カプセルでは粒数が増えてしまうので顆粒や粉末に。
      水やジュースに溶かしておいしく飲めます。
  • 5包装
    包装 loading=

    「パッケージ」で成分を守ります。

    包装には、すべてアルミパウチを採用しました。
    他社がプラスチックボトルで包装する中、私たちは、保存性と、品質維持を考え抜いての選択です。

    1

    「光」からも、「湿度」からも、成分を守りたい。

    「光」からも、「湿度」からも、成分を守りたい。
    開封前はもちろん、開封後も品質を維持したいから。
    プラスチックボトルに比べ、すべての試験での優位性が確認されている
    アルミパウチを採用しました。
    • ガスを通しにくい
      ガスを通しにくい
    • 水蒸気を通しにくい
      水蒸気を通しにくい
    • 光を通しにくい
      光を通しにくい
    詳しく見る

    2

    「携帯しやすい」のもうれしい。

    サプリメントは飲み続けてこそ、納得できるものだから。
    外出時も持ち運びやすく、輸送時の段ボールが少ないというエコなメリットもあります。
    詳しく見る
品質保証

2段階の検査で、品質を保証します。

  • 1原材料
    原材料

    「原材料検査」は、求められる以上に厳しく。

    一般的なサプリメント製造では、 「原材料メーカーが発行する試験成績書」を確認し、 問題がなければ合格としますが、私たちは不十分と考えます。 定期的な抜き打ち検査も行い、原材料品質を妥協しません。

    • 成分検査
      「十分な成分量」は良い品質の証です。原材料に規格化された量が確実に含まれていることをしっかり確認しています。
    • 重金属検査
      高度に精製・濃縮されたサプリメント原材料では、ヒ素、鉛、水銀などの重金属も濃縮されてしまうリスクもあるのでくまなく調べます。
    • 微生物検査
      腐敗や食中毒を引き起こす恐れのある細菌、大腸菌群に汚染されていないことを、細かく検査します。
  • 2最終製品
    最終製品

    「製品検査」も、きめ細かく行います。

    いつもと同じ方法で作っていても、いつだって万全な検査は欠かせません。 安全性・衛生面はもちろん、成分量まで細かく調べます。

    • 成分検査
      「パッケージに記載された成分」「賞味期限までの成分量維持」を確保できているか、常に確認しています。
    • 重金属検査
      外観、味、匂い、崩壊性など物理的な性状を確保できていることの確認も怠りません。
    • 微生物検査
      細菌、大腸菌群など混入は、腐敗や食中毒を引き起こす恐れがあります。厳重な管理下で製造を行い、最終製品でも再チェックします。

トップへ
戻る